談話会


談話会

予定
講師:河村彰星 (東京大学大学院情報理工学系研究科)
題目:『計算資源としての乱択』
日程:2013年12月4日(水)16:30より
場所:総合人間学部棟4階 1401 数理科学セミナー室
概要:何らかの問題を解くために時間や空間(記憶領域)などの資源をいくら 要するかというのは計算機科学の根本的な興味の一つであるが、「ランダム性」 もまた計算資源である。乱数を活用することで決定的な手順よりも簡単あるいは 高速に目的を達する算法は数多く知られている。ランダムである(予測できない) という一種の困難さを資源として、困難を克服する(別の資源を贖う)わけであ り、この交換がどこまで可能かというのが近年の計算量理論の一大テーマである。 この問についてこれまでに理解されていること、いないことを紹介する。

記録
こちらをご覧下さい


ビギナーズ談話会

予定
ありません

記録
こちらをご覧下さい